本文へ移動
2019年5月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
注目工法 
安価で自身の新提案

用水路かんたん嵩上豪雨対策工法

 このページでは、資材ボスが特におすすめする注目工法をご紹介します。
 現場様の設計のご相談、お見積り等もお気軽にお問い合わせ下さい。

ハイテン鋼擁壁工法 イージー嵩上君  重機不要・小スペース可・工期短縮可

 従来のかさ上げする工法や、コンクリート杭と板を並べたかさ上げする工法では、天候の影響や、重機の入らない場所では重い材料を人力で据え付けるため、工期が長くかかることがネックでした。
 この製品の特長は、従来の鋼製品と比べ強度が高いため、製品の薄肉化による軽量化が可能となりました。

設置方法

狭い用水路に、人力で据え付けられます。機械施工が出来ない場所に軽量なハイテン鋼製擁壁を施工する事で、工期短縮・労働環境の改善が計れます。
側面掘削して取り付けます。
在来工法 かさ上げ高さ200mm の場合       柵53Kg杭18Kg(参考) 100m換算工期14日
ハイテン鋼製擁壁工法 嵩上高さ200mmの場合        長さ2mで1枚17kg 100m換算工期1日
TOPへ戻る